株式会社福原精機製作所|世界トップシェアを誇る神戸の丸編機メーカー
日本語 English 中文

変更履歴 その他

デジタルパネルROM

バージョンNo変更日変更内容
PANEL V.H.1.6
(旧バージョンは
PANEL V.F.1.6)
05/03/09BS-371  特定の客先から依頼されたモニタリング機能の追加(カウンタをゼロにしたときに、モニター出力する機能)した。部品注文のみの対応で、一般の生産機への搭載予定はない。

AUTO STRIPER CONTROLLER  SCS-V  EUT-309AA’s software

バージョンNo変更日変更内容
V.2.00 10042110/04/26BS-529
1)COLORデータ入力時に、数字キーを使用して入力を簡易化した。  例)”AAAAABBBB” を ”5A4B”
2)データ入力後に、トータルコースが間違っている場合、COURSE ERROR と表示し、自動的にTOTAL COURSE の入力画面に切り替わるように修正した。
V.2.00 09122410/01/08BS-513
ストライパーデータのCOLOR ASSIGNMENT がEUT-309AAでも使用可能なように修正した。
V.1.00 07052207/06/01BS-433
FX-WSY 30” 39フィーダのゲートがない機械に未対応であったのを修正した。
V.1.00 05032905/03/25BS-374
最終フィーダをテイクオフし、KNITキーを押した後、キー操作が出来なくなるという不具合を修正した。
また、電源投入時必ずエラー信号が出力されて、解除のためRESETキーを押す必要があったのを、エラー信号が出ないように修正した。
V.1.00 05012105/03/09BS-367
旧ストライパーコントローラ機能に備わっていたコンビネーション機能を追加した。

オプションボックス(OCP.SYS) CPUプログラム

バージョンNo変更日変更内容
OCP.SYS V.1.19
130919
13/09/191)オプションCPUプログラムの起動時のWAITを現状の半分に変更
OCP.SYS V.1.17
081201
08/12/011)メイン電源のON/OFFする際に、RAMに設定値(ステッチ量、カムタイミングなど)を保存し直すように変更
2)オプションのCPUボード上にあるLEDの点灯、消灯により、CPUボードの内部の設定状態を自己診断できるように変更(もし、設定が正しいならLED1から8までが点灯する)
OCP.SYS V.1.13
020901
02/08/28オートステッチがデータ通りに動作しない事象が報告され、ステッチ周波数の初期値を速度優先の100からトルク優先の400に変更した。
ROM V.1.02
OCPSYS V.1.12
020401
02/04/01現在、使用しているフラッシュメモリが製造中止の為、新フラッシュメモリ(富士通16ビット品)に対応するように変更
ROM V.1.01OCP.SYS V.1.11
010917
01/09/17現在使用しているフラッシュメモリーが製造中止のため、新フラッシュメモリ(東芝製32ビット)に対応するように変更。実施時期未定

20/30Mローダ関係

バージョンNo変更日変更内容
30M LOADER ULM (PATTERN,PARAMETER)
Ver.5.2
2002年6月28日Ver.5.1では30M LoaderのみがFUTABA製のディスプレーに対応したが、Ver.5.2で全てのタイプの20M/30M LoaderがFUTABA製ディスプレーに対応させた。(FUTABA製ディスプレーでは、エラーメッセージの点滅はしません)
30M LOADER ULM (PATTERN,PARAMETER)
Ver.5.1(旧Verは5.0)       
変更理由:
NEC製ディスプレーが生産中止になり、代替品のFUTABA製と従来のから使用しているNEC製の双方に対応が必要となったため
変更内容:
8bitのDIP SWITCHの最下位bitをOFFでNEC製、ONでFUTABA製のディスプレイに対応するように変更FUTABA製ディスプレイでは、エラーメッセージの点滅はしません

30M Loader ROM (標準)

バージョンNo変更日変更内容
Ver. 1.22002年6月28日ULM Ver.5.2 (20M/30M Loader共通にするためのバージョン)に対応するため変更した。
Ver. 1.12002年1月FUTABA製のディスプレーに対応した。

30M Loader ROM (2HD)

バージョンNo変更日変更内容
Ver. 2.12002年6月28日NEC製とFUTABA製、双方のディスプレーに対応するため、8bitのDip Switchの最下位bitをOFFでNEC製、ONでFUTABA製ディスプレーに対応するようにした。

20M Loader ROM (NSD製、標準)

バージョンNo変更日変更内容
Ver. 2.62002年6月28日NEC製とFUTABA製、双方のディスプレーに対応するため、Dip Switchのbit1(番号は7番)をONでNEC製、OFFでFUTABA製ディスプレーに対応するようにした。FUTABA製ディスプレイでは、エラーメッセージの点滅はしません。

20M Loader ROM (AZ製、標準、FUTABA製ディスプレー)

バージョンNo変更日変更内容
Ver. 3.62002年6月28日FUTABA製ディスプレーに対応するようにしました。NEC製ディスプレーは対応外となります。
FUTABA製ディスプレイでは、エラーメッセージの点滅はしません。

20M Loader ROM (AZ製、2HD、FUTABA製ディスプレー)

バージョンNo変更日変更内容
Ver. 6022002年6月28日FUTABA製ディスプレーに対応するようにしました。NEC製ディスプレーは対応外となります。
FUTABA製ディスプレイでは、エラーメッセージの点滅はしません。

LISTCOPY & PARAMETER プログラム

バージョンNo変更日変更内容
V.2.7016/07/07CES-0695
リストコピーのWindows10対応
V.2.6014/04/14CES-0694
リストコピーのドライブ表示上限20→50
V.2.5012/11/16CES-0693
WAC追加
V.2.4011/05/31CES-0554
FDS for WindowsのVer3.29からVer3.52までの変更を参照してください
V.2.3006/11/01BS-0421
FDS for WindowsのVer3.23からVer3.29までの変更を参照してください
V.2.1004/05/31BS-0337
タイミングデータを入力できるようにパラメータを修正
V.2.0102/06/28印刷のプレビューで文字が重なっていたのを修正。「タイトル(ページ)」というチェックボックスを設け、これにチェックを入れると絵以外に「福原デザインシステム」のタイトルとページ数、年月日のみを印刷するように機能を追加。ファイル名をソートした後、ファイルできなるなる現象を修正。スタイルネームが表示(及び印刷)されない現象を修正。
V.2.00
(旧バージョンはV1.00)
02/03/1Windows 2000、XPに対応
1)パラメータのカラーテーブルを12から16に変更
2)FDSメニューにディスクドライバ・インストールプログラム追加
3)インストールフォルダ変更
4)新プロテクトキット(HASP)に対応