HOME >> トップページ >> リクルート情報 >> 担当者からのメッセージ 

 

 


kanehira@pfw.co.jp

 2021年4月のメッセージ
 

配信が遅くなってしまいました。大変申し訳ありませんでした。申し訳ないついでに今回のメッセージは私が2018年と2019年に配信した「新入社員のメッセージ」を再掲載させていただきますことご容赦ください。別件ではありますが新型コロナの感染拡大が止まりません。兵庫、大阪では連日過去最大を更新しています皆様におかれましてはくれぐれも感染対策を講じていただきますようお願いします
<新入社員へのメッセージ>
このたび新しく社会人となった新入社員の諸君、入社おめでとう。当社の新入社員だけでなく社会人となった世界中、全ての新入社員諸君、入社おめでとう。しかーし!めでたいのは入社式で終わりです。これから諸君等は辛く険しい道のりを歩むという運命が待っています。これは中卒であろうが高卒であろうが大卒であろうが同じです。その道が長いか短いかだけの違いです。ただ、そこには報酬という対価と達成感というおまけがついてきます。それらを多く得るために、また辛く険しい道のりを少しでも楽に歩むためにプライドという薄い着物に色艶をつける工夫をして頑張るのです。そのうちその薄い着物は少しづつ厚く美しい着物に変化していき社内では役職という名前の着物になって行くのです。最初から楽で安穏とした仕事なんてどこにもありません。せっかく縁あって入社した会社です。ブラック企業と言われる法令順守が出来ていない会社は論外ですが、それ以外の会社では大企業であろうが零細企業であろうが仕事をすることは同じはずです。また仕事は諸君等に合わせてはくれません。諸君らがその与えられた仕事に合わせるのです。与えられた課題をひたすらこなしていればよかった学生生活との最大の相違点はここにあります。仕事は自分自身が考えて取り組むのが仕事です。与えられた課題をこなしていくのは作業です。社会人への脱皮が出来ないで早々に放棄してしまう人はそこが解っていないのです。社会人生活は、どんな道も辛く険しいことに大きな違いはありません。しかし自分で決めたその道の先は明るいかな?暗いかな?先が見通せるかな?ぼやけているかな?今は情報化社会です。就職に関する企業の情報なんて造作もなく収集できます。「こんなはずじゃなかった」「自分に向いていない」「やりがいがない」なんて自分自身をごまかす後付けの理由で退職するのは恥ずかしいことだと認識すべきです。ともあれ社会人生活がスタートしました。この日を迎えるために12年間も16年間も学校に通ったのですから言わば最初の到達点。僕は人生の一里塚と呼んでいます。この先には様々なドラマが待っています。それを少しでも感動的なものとするように頑張っていきましょう。
<採用に関する予定>
今月から来月にかけては可能な限り学校へ行くつもりです。採用実績校は当然ながら場合によっては今年入社した学生と一緒に学校を訪問したく考えています。コロナ禍ではありますが学生や担当者様と顔を突き合わせてお話しが出来ればと思っています。
<社内企業説明会>
4月14日(水)19日(月) 21日(水)(WEB) 22日(WEB)

 



[ リクルート情報TOP募集要項エントリーシート求める人物像今月のメッセージ ]
[ 福利厚生教育体制会社所在地略図 ]

▲ページのTOPへ